「住まいるTOWN」相鉄沿線版 第24号 今週発行です

消費税増税への駆け込みもいよいよ大詰め、と言われていますね。

厳しかった日差しも和らぎつつあって、今年のマイホーム探しシーズンはいよいよ本番です。

 

そんな中、今月もたくさんの物件情報を掲載させていただきました。

9月26日の第24号は物件総数63件。ジモト相鉄沿線の物件情報が盛りだくさんです!

今月は、不動産だけでなく住宅購入には欠かせないあるクライアント様のお得情報も掲載させていただいております。

 

 

「住まいるTOWN」は、㈱神奈川ポスト発行の不動産合同チラシです。

地域密着の物件情報を直接、各ご家庭へポスティングでお届けしています。

相鉄沿線版は毎月第4木曜日発行、横浜市旭区・瀬谷区・泉区・保土ヶ谷区の12万世帯へお届けしています。

詳しくはこちらからご覧下さい。

 

 

 

 

 

横浜市とポスティング:泉区

先日ご紹介した、旭区の南側に位置するのが横浜市泉区です。

相鉄いずみ野線が、ほぼ丸ごと収まっている地域です。

日本で最も歴史の古い女子校であるフェリス女学院があるのも、この地域です。

 

今日は、泉区と弊社のお仕事の話です。

 

▼鉄道と道路の絡み合うアクセスの良さ

区を縦断する相鉄いずみ野線は、北へ行けば本線乗り換えのできる二俣川駅、南へ行けば小田急江ノ島線と市営地下鉄ブルーラインへ接続する湘南台駅と繋がっています。

南側には市営地下鉄ブルーラインが東西に伸び、藤沢・横浜中心部へ向かっています。

ブルーライン「立場」駅近くの立場交差点は、地元で馴染みの深い「かまくらみち」と「長後街道」が交差しており、県央方面や国道1号線方面へのアクセスが可能です。

 

▼一戸建・持ち家率No.1

北西部に位置する「上飯田団地」「いちょう団地」、北東には「サンステージ緑園都市」、いずみ野駅周辺の「グリーンハイムいずみ野」など、泉区をご存知の方は、多くの団地・マンション郡のイメージがある方もいらっしゃると思います。

その一方で、戸塚の工場地域へのベッドタウンとして発展した区東部を代表に一戸建の比率も多く、横浜市内における一戸建住宅の比率は第1位となっています。さらに、住宅の自己所有比率も市内1位。

ポスティングはご家庭1軒1軒へ直接、情報をお届けするサービスですので、泉区で販促をされる場合は、町丁ごとの地勢の違いをよく考えていただくと、反響が大きく変わってきます。

住宅に密接したサービスですと、一戸建が多い地域はリフォームや工務店、不動産の物件募集。集合住宅の多い地域では住宅の住み替えや買い替えをご提案する内容の広告が向いています。

住宅の違いはそのまま住まわれている方の世代の違いでもありますので、住宅関連サービス以外でもターゲットを絞り込むのは重要なことです。

 

▼横浜市泉区のポスティングには、是非弊社のノウハウを活かさせて下さい!

現在、弊社では約40名の泉区専属配布スタッフが常駐しております。

円熟した緑園都市地域、大型のイトーヨーカドーができて発展の進む立場周辺、2線の駅が近接し「まさにこれから」といった勢いの下飯田方面etc…地域の特性を活かしたご提案をさせていただければ光栄です。

 

ポスティングに関するお問い合わせはフォームから

またはお電話(045-955-3440)からお気軽にどうぞ。

お客様によりよいご提案ができるよう、真剣に対応させていただきます。